バンコクのスーパーマーケット徹底比較

  1. 生活情報
  2. 2520 view

【この記事はタイローカルに詳しい不動産屋さんの『JIROKO』が書いています】

日本人が訪れるスーパーマーケット(一部デパート含む)をそれぞれの視点からランキングにしてみました。
バンコク駐在のみなさんに定番のフジスーパー(1号店)、エンポリアム、テスコロータス(オンヌット店)、ビックシー(エカマイ支店)の4つのお店を比較しています。




日本人好みなのは?

 フジスーパー
バンコクで日本人御用達と言えば、誰もがフジスーパーと答えることでしょう。
日本製品はちょっと値段が高めですが、他店と比べて豊富さが群を抜いています。

 エンポリアム
次点の日本人好みのスーパーと言えばエンポリアムになると思います。
エンポリアムはやや高級志向でオシャレな台所用品や寝具用品が多く、こだわり派の日本人に受けること間違いなし。

 ビックシー
日本人を意識していない完全なるタイローカル感が満載の大型スーパーマーケットです。
その代わり商品の価格もタイローカル設定が多いので、価格重視の方には良いでしょう。

オシャレな商品が多いのは?

 エンポリアム
オシャレ度の最高峰はエンポリアムしかありません。
商品の価格は高めですが、帰国のときに持ち帰りたくなるオシャレな品物が売られています。

 テスコロータス
第2位のテスコロータスはタイローカルの雰囲気の中でほんのりオシャレさを感じさせるシンプルな商品が多いスーパーです。
少しオシャレな商品を探すときはビックシーではなく、絶対にテスコロータスに探しに行きましょう。

 ビックシー
タイローカルの商品が多いためか、残念ながらオシャレな商品が少ないです。
価格重視のスーパーなので、ビックシーでオシャレは追求できません。

リーズナブルな商品が多いのは?

 ビックシー
とにかく安く日用品を揃えたいという方は迷いなくビッグシーに行くべきです。
品質はやや残念なものもありますが、ほとんどの物が揃えられるので、限られた予算で日用品を揃える予定の方はビックシーへどうぞ。

 テスコロータス
中には少し高めの価格の商品もありますが、タイローカルの商品も多いのでお得にお買い物ができます。
プラスチック製の日用品は色違いで選べたりするものもあるので、ビックシーよりも選択肢が若干増えるでしょう。

 フジスーパー
タイローカルの商品はリーズナブルな価格が多いですが、日本の製品は日本の約3倍の値段で売られています。
お皿やカトラリー類はクオリティーがちょっと残念なものが多く、種類も多くないので選択肢は少なめです。

 エンポリアム
中にはリーズナブルな価格の品物も紛れていますが、全体的な価格は高めの傾向にあります。
エンポリアムは高級デパートなので、全ての商品にリーズナブルさを求めるのは難しいかもしれません。

駅から近いのは?

 エンポリアム
BTSプロンポン駅直結で、徒歩1分でエンポリアムの入り口までたどり着けます。
家電だけ販売フロアが異なりますし、同じ階にある洗剤等の日用品と寝具・調理器具類が売られているスペースが分かれているので、品物を探すのに少し苦労するかもしれません。

 テスコロータス
BTSオンヌット駅から徒歩1分で、すぐにテスコロータスの入り口に到着することができます。
駅近で非常にアクセスしやすいスーパーですが、日本人の中心エリアから少し外れてしまうBTS駅なのは否めません。

 フジスーパー
BTSプロンポン駅から徒歩4分と、フジスーパーの中で唯一のBTS徒歩圏内の支店です。
雨が降っているときは少し濡れてしまうかもしれませんが、BTS駅から徒歩で移動できる魅力的な場所にあります。

 ビックシー
BTSエカマイ駅から徒歩12分の距離にあり、ギリギリ歩ける距離ですが歩きたくはない距離です。
多くの方は自家用車やタクシーで訪れているようですね。

台所・洗濯・掃除・浴室用品が豊富なのは?

 テスコロータス
店舗自体も大きいですが、たくさんの日用品が陳列棚に並べられている様子は圧巻です。
日本製はさすがに少ないですが、タイローカルの品物が豊富に揃っています。

 ビックシー
テスコロータスには劣るものの、日用品がズラリと並べられています。
フジスーパーやエンポリアムに比べると、断然日用品の種類は多いと言えるでしょう。

 エンポリアム
売り場が広いので、品物の数と種類は多いです。
ただし、庶民には手の届かない高級品がたくさん紛れていますので、選べる品物はある程度限られてくるでしょう。

 フジスーパー
台所用品で日本製品も若干売られているのは嬉しいですが、基本的には数が少ないです。
タオル類はビックシーやテスコロータスで購入したほうが品質の良いものが買えるので、使用用途を考えて購入するようにしましょう。

寝具類が豊富なのは?

 ビックシー
ビックシーは安くてそこそこの品質の寝具類を取り扱っているスーパーです。
中でもオススメはLotusシリーズの寝具です。

 テスコロータス
ビックシーよりも少し価格帯は高めになりますが、テスコロータスのオリジナル寝具類が販売されています。
ビックシーでオススメをしたLotusシリーズも取り扱われています。

 エンポリアム
誰が使っているんだろう?と思ってしまうほどの高級寝具類からそこそこ手頃な値段の寝具類が揃っています。
全体的に高めのラインナップなので、絶対シルク!とか絶対ブランドもの!とかの希望がない限りはオススメできません。

 フジスーパー
万能な感じのフジスーパーですが、寝具類は全く販売がありません。
寝具類を探すときには、他のスーパーやデパートに行きましょう。

家電製品が豊富なのは?

 エンポリアム
低価格な家電から高級な家電まで様々なメーカーが取り揃えられています。
家電の種類も豊富なので、よほどのマニアックな家電でない限りはきっと見つかるはず。

 テスコロータス
リーズナブルな家電が数多く揃っているので、メーカーは限られていますが選ぶことが出来ます。
ビックシーよりも少し良い家電を選びたいときはテスコロータスに行きましょう。

 ビックシー
家電の数は少なめですが、とにかく格安家電をお求めの方にはビックシーがオススメです。
ちょっと品質が低めではあるものの、限られた駐在期間で使用する分には十分な品物が揃っています。

 フジスーパー
延長コード以外の家電は販売がありません。
家電を買うときはフジスーパー以外で探すようにしましょう。

日本から来てまず行くべきスーパーは?

 ビックシー
生活用品から家電・寝具類まで全てが揃えられるでしょう。
日本から来て色々と揃える必要があるときに、とりあえず安く揃えたい方向けの万能スーパーです。

 テスコロータス
ビックシーよりも少し単価は上がりますが、ビックシー同様にほとんど全ての日用品が揃えられます。
テスコロータスのほうがビックシーと比べて可愛くてシンプルなプラスチック製品が多いので、オシャレを意識したい場合はテスコロータスのほうが良いかもしれません。

 フジスーパー
寝具類と家電類の販売がないので、フジースーパーで全てを揃えることは出来ません。
しかし、日本の製品も売られているので、日本で購入して来なかったものを買うことが出来ます。
特に調味料系は日本の製品で揃えたい方も多いはず。
日本の製品はフジスーパーで購入して、残りはビックシーやテスコロータスで購入する等で組み合わせるのも良いでしょう。

 エンポリアム
販売場所が各階・各売り場に分かれていて探すのが大変ですし、高級品やオシャレな商品が多くて目移りしてしまいます。
日本から来たばかりで色々と揃えなければいけないときに、エンポリアムで見てしまうとついつい吟味してしまうので時間がすごくかかる可能性大。
日用品から家電まで全てにこだわりを持って購入したい方、時間やお金にゆとりのある方にはオススメできます。

JIROKO

バンコクの不動産賃貸を取り扱う『alphabet home』のアフターケア担当。JICAボランティアを皮切りに、タイ生活は11年目に突入。バンコクの生活で困ったことや役に立つ情報、面白いことをご紹介していきます。

記事一覧