タイの祝日【2022年版】

  1. 生活情報
  2. 2524 view

【この記事はタイローカルに詳しい不動産屋さんの『JIROKO』が書いています】

2022年の祝日一覧をまとめています。
タイのカレンダーは休みにはならない仏教系イベントの日が赤字になっていることもあって、日本人がカレンダーを見ただけでは赤字の日が休みなのかどうかの判断ができない難点があります。
ここでは禁酒日や祝日の意味も解説していますので、タイの理解を深めるのにも役に立つでしょう。

   1月

1月1日(土) 元旦
1月3日(月) 元旦の振替休日
タイ太陽暦の最初の1日です。タイ語で元旦は「ワンピーマイ」と言います。タイではタイ太陰暦の旧正月(ソンクラーン)を正月の本番と捉えていますので、元旦ではありますが日本のような厳かな雰囲気はありません。バンコク都内は実家への帰省や国内外の旅行で人が著しく少なくなります。

   2月

2月16日(水) 万仏祭(マカブーチャ) ※禁酒日
仏教の祝日のひとつです。タイ太陰暦3月の満月にブッダの説法を聞くため1,250人の弟子が何の事前の知らせもなく集結した奇跡を記念した日です。タイ太陰暦に基づいているので、毎年祝日の日付が変わります。太陰暦とは月の満ち欠けの周期を基にした暦のことです。

   4月

4月6日(水) チャクリー王朝の記念日
1782年に国王ラーマ1世がチャクリー王朝を起こし、首都をバンコクと定めた記念日です。いわゆる建国記念日です。チャクリー王朝は別名でバンコク王朝とも言われています。
4月13日(水) ソンクラーン(旧正月)
4月14日(木) ソンクラーン(旧正月)
4月15日(金) ソンクラーン(旧正月)
タイの本格的なお正月がソンクラーンになります。他県出身のタイ人の多くは実家に里帰りをします。ソンクラーンは別名「水かけ祭り」と言われ、カオサンやシーロムでの激しい水かけは有名です。今でこそ通行人同士で水をかけあいますが、もともとは仏像や年長者の手に水をかけてお清めするという儀式でした。この時期は普通に道を歩いていても水をかけられる可能性がありますので、防水ではない電子機器はジップロックに入れておきましょう。

   5月

5月1日(日) レイバーデイ ※民間企業のみ休み
5月2日(月) レイバーデイの振替休日 ※民間企業のみ休み
労働者のための国際的な祝日です。別名はメーデー(May Day)。
5月4日(水) 戴冠記念日
2019年5月21日にタイ政府によって新しく制定された祝日です。2019年5月4日にワチラロンコン国王陛下が即位しました。
5月15日(日) 仏誕祭(ヴィサカブーチャ) ※禁酒日
5月16日(月) 仏誕祭(ヴィサカブーチャ)の振替休日
仏教の祝日のひとつです。タイ太陰暦6月の満月の日はブッダが生誕した日であり、悟り(大悟)を開いた日であり、入滅(死去)した日でもあります。3つの奇跡が同じ日に起こった神聖な日です。タイ太陰暦に基づいているので、毎年祝日の日付が変わります。

   6月

6月3日(金) スティダー王妃の誕生日
2019年5月14日にタイ政府によって新しく制定された祝日です。1978年6月3日がスティダー王妃の誕生日です。

   7月

7月13日(水) 三宝節(アサラハブーチャ) ※禁酒日
仏教の祝日のひとつです。タイ太陰暦8月の満月の日にお釈迦様(仏)が5人の友人に説法(法)を行い、初めての弟子(僧)が出来ました。これにより「仏・法・僧」の3宝が成立したとされる日です。タイ太陰暦に基づいているので、毎年祝日の日付が変わります。
7月14日(木) 入安居(カオパンサー) ※禁酒日 ※官公庁のみ休み
仏教の祝日のひとつです。雨季の始まりの時期に、僧侶が寺にこもって修行を始める日です。官公庁のみの祝日なので、民間企業の皆さまは通常通りの仕事です。余談ですが、10月に出安居(オークパンサー)という修行を終える日があり、2015年より禁酒日になりました。なお、オークパンサーはお休みではありません。
7月28日(木) 国王ラーマ10世の誕生日
国王ラーマ10世(ワチラロンコン国王陛下)の誕生日です。2017年から新たな祝日として追加されました。ワチラロンコン国王陛下は2016年10月13日に即位し、2019年5月4日に戴冠されました。

   8月

8月12日(金) シリキット王太后の誕生日・母の日
シリキット王太后の誕生日です。母の日でもあります。この日はシリキット王太后のカラーである水色の服を着ている人が多いです。タイの母の日に贈る花は白いジャスミン(タイ語で「ドークマリ」)です。タイ人はお母さんにジャスミンを贈ったり、食事や小旅行をプレゼントしたりしているようです。

   10月

10月13日(木) 前国王ラーマ9世の記念日
2016年10月13日に国王ラーマ9世が崩御されました。2016年は崩御の翌日から1年間の期間を国民は喪に服し、色鮮やかだったタイからカラフルな色が消えました。プミポン前国王は在位70年を超えた国民から大変慕われていた王様でした。
10月23日(日) チュラロンコーン大王の記念日
10月24日(月) チュラロンコーン大王の記念日の振替休日
国王ラーマ5世のチュラロンコーン大王が崩御された日です。チュラロンコーン大王は奴隷制度の廃止、議会制度の採用、学校教育の開始、鉄道事業の開設、電話事業の開設などタイの近代化に多くの功績を残しました。プミポン前国王の祖父であり、ワチラロンコン国王陛下の曽祖父でもあります。

   12月

12月5日(月) 前国王ラーマ9世の誕生日・父の日
前国王ラーマ9世(プミポン・アドゥンラヤデート前国王)の誕生日です。タイの父の日でもあります。この日はプミポン前国王のカラーである黄色の服を着ている人が多いです。父の日に贈る花は黄色のカンナ(タイ語で「プッタラクサー」)と言われていましたが、最近はあまり見かけなくなり、黄色い小物や食事をプレゼントする傾向にあるようです。
12月10日(土) 憲法記念日
12月12日(月) 憲法記念日の振替休日
1932年12月10日に国王ラーマ7世によってタイで初めて憲法が公布されたことを記念する祝日です。憲法では信仰の自由、言論の自由、出版の自由、集会の自由、結社の自由、政党の結成、通信の自由が保障されています。
12月31日(土) 大晦日
タイ太陽暦の最後の1日です。バンコク都内は実家への帰省や国内外の旅行で人が著しく少なくなりますが、イベント会場は大勢の観光客で賑わいます。あちこちでカウントダウンのイベントが行われ、新年を迎えた瞬間に花火が打ち上がります。特にセントラルワールド前は目の前の道路が封鎖され、コンサートや花火でたくさんの人が集まります。ホテルのグレードにもよりますが、グレードが高いホテルではガラディナーと呼ばれるスペシャルディナー&イベントが行われます。
JIROKO

バンコクの不動産賃貸を取り扱う『alphabet home』のアフターケア担当。JICAボランティアを皮切りに、タイ生活は11年目に突入。バンコクの生活で困ったことや役に立つ情報、面白いことをご紹介していきます。

記事一覧