タイ語講座⑤【タイの数字】

2019.11.27

JIROKO

【この記事はタイローカルに詳しい不動産屋さんの『JIROKO』が書いています】

タイの生活で数字を発音しなければいけない場面は多く、食事の注文やタクシー乗車時の通りの番号、金額の確認などなど多岐に渡っています。
1から9までの数字とそれぞれの基本単位さえ覚えてしまえば、あとは幾つかの特殊ルールを覚えるだけでタイ語の数字はマスター出来ます。
中には日本人が苦手とする数字の発音がありますので、発音の仕方をしっかりと学習して練習をするようにしましょう。

※括弧内はタイ語での数字の表記を記載しています(タイ語の数字は百の位まで記載)。

1桁の数字

1桁の数字は一番の基礎になりますので、ひとつひとつしっかりと覚えましょう。
日本人が苦手とする発音は無気音の「7」と「8」です。

0 ศูนย์ (๐)

スーン Suun

「ス」は唇を丸くすぼめて、最後の「ン」は唇を横に引いて発音をしましょう。低めの声から始めて、語尾を上げるように発音してください。

1 หนึ่ง (๑)

ヌン Nwung

唇を横に引いて、低めの声で平坦に発音しましょう。日本語の「う」のように唇はすぼめないようにするのがポイントです。最後の「ン」は鼻にかけるように発音をしてください。

2 สอง (๒)

ソーン Soong

低めの声から始めて、語尾を上げるように発音してください。最後の「ン」は鼻にかけるように発音をしてください。

3 สาม (๓)

サーム Saam

低めの声から始めて、語尾を上げるように発音してください。最後の「ム」は口を閉じて余韻で発音をするようにしましょう。

4 สี่ (๔)

シー Sii

低めの声で平坦に発音しましょう。

5 ห้า (๕)

ハー Haa

高めの声から始めて、語尾を下げるように発音してください。

6 หก (๖)

ホック Hok

低めの声で平坦に発音しましょう。最後の「ク」は息を止めて余韻で発音してください。

7 เจ็ด (๗)

ジェッ Jet

息を吐かずに、低めの声で平坦に発音しましょう。日本人が苦手な発音でタイ人に伝わりにくい数字です。息を吐かないことを徹底してください。最後は唇を横に引いて、息を止めて余韻で発音をします。

8 แปด (๘)

ペーッ Peet

息を吐かずに、低めの声で平坦に発音しましょう。日本人が苦手な発音でタイ人に伝わりにくい数字です。息を吐かないことを徹底してください。最後は唇を横に引いて、息を止めて余韻で発音をします。

9 เก้า (๙)

ガウ Kaaw

高めの声から始めて、語尾を下げるように発音してください。息を吐かずに発音をしましょう。

2桁の数字(十)

12〜19は「10+1桁の数字」の組み合わせで発音をします。
30〜99の10の位は「1桁の数字+10」の組み合わせで発音をします。
変則的な発音ルールは2つあって、最後の1桁が「1」の数字(11、21、31など)と、10の位が「2」の数字(20、21、22など)で、それらをマスターすれば2桁の数字は完璧です。

10 สิบ (๑๐)

シップ Sip

低めの声で平坦に発音しましょう。最後の「プ」は口を閉じて余韻で発音しましょう。

11 สิบเอ็ด (๑๑)

シップ エッ Sip Et

「シップ」は「10」を参照してください。「エッ」は低めの声で平坦に発音しましょう。最後は唇を横に引いて、息を止めて余韻で発音しましょう。

 解説

数字の最後が「1」で終わる場合、「ヌン」という読み方ではなく、例外的に「エッ」という読み方になります。
「31」は「サーム シップ エッド」、「61」は「ホック シップ エッド」と読みます。

12 สิบสอง (๑๒)

シップ ソーン Sip Soong

「シップ」は「10」を、「ソーン」は「」を参照してください。

13 สิบสาม (๑๓)

シップ サーム Sip Saam

「シップ」は「10」を、「サーム」は「」を参照してください。

20 ยี่สิบ (๒๐)

イー シップ Yii Sip

「イー」は高めの声から始めて、語尾を下げるように発音してください。「シップ」は「10」を参照してください。

 解説

例外的に「20」のときだけ、「2」は「イー」という読み方になります。
くれぐれも「ソーン シップ」とは読まないように気をつけましょう。

30 สามสิบ (๓๐)

サーム シップ Saam Sip

「サーム」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

40 สี่สิบ (๔๐)

シー シップ Sii Sip

「シー」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

50 ห้าสิบ (๕๐)

ハー シップ Haa Ship

「ハー」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

60 หกสิบ (๖๐)

ホック シップ Hok Sip

「ホック」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

70 เจ็ดสิบ (๗๐)

ジェッ シップ Jet Sip

「ジェッ」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

80 แปดสิบ (๘๐)

ペーッ シップ Peet Sip

「ペーッ」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

90 เก้าสิบ (๙๐)

ガウ シップ Kaaw Sip

「ガウ」は「」を、「シップ」は「10」を参照してください。

3桁の数字(百)

百の位の単位は「ローイ」で、「1桁の数字+100」の組み合わせで発音をします。

100 หนึ่งร้อย (๑๐๐)

ヌン ローイ Nwung Rooi

「ヌン」は「」を参照してください。「ローイ」は高めの声から始めて、軽く語尾を上げながら発音してください。

200 สองร้อย (๒๐๐)

ソーン ローイ Soong Rooi

「ソーン」は「」を、「ローイ」は「100」を参照してください。

300 สามร้อย (๓๐๐)

サーム ローイ Saam Rooi

「サーム」は「」を、「ローイ」は「100」を参照してください。

4桁の数字(千)

千の位の単位は「パン」で、「1桁の数字+1,000」の組み合わせで発音をします。

1,000 หนึ่งพัน

ヌン パン Nwung Phan

「ヌン」は「」を参照してください。「パン」は息を吐き出しながら平坦に発音します。最後の「ン」は唇を横に引いて発音をしましょう。

5桁の数字(万)

万の位の単位は「ムーン」で、「1桁の数字+10,000」の組み合わせで発音をします。

10,000 หนึ่งหมื่น

ヌン ムーン Nwung Mwuun

「ヌン」は「」を参照してください。「ムーン」は唇を大きく横に引いて、低めの声で平坦に発音します。最後の「ン」は唇を横に引いて発音をしましょう。

6桁の数字(十万)

十万の位の単位は「セーン」で、「1桁の数字+100,000」の組み合わせで発音をします。

100,000 หนึ่งแสน

ヌン セーン Nwung Seen

「ヌン」は「」を参照してください。「セーン」は低めの声から始めて、語尾を上げるように発音してください。最後の「ン」は口を横に引いて発音しましょう。

7桁の数字(百万)

百万の位の単位は「ラーン」で、「1桁の数字+1,000,000」の組み合わせで発音をします。

1,000,000 หนึ่งล้าน

ヌン ラーン Nwung Laan

「ヌン」は「」を参照してください。「ラーン」は高めの声から始めて、軽く語尾を上げながら発音してください。最後の「ン」は口を横に引いて発音しましょう。

8桁の数字(千万)

千万の位の単位は「シップ ラーン」で、「1桁の数字+10+1,000,000」の組み合わせで発音をします。

10,000,000 สิบล้าน

シップ ラーン Sip Laan

「シップ」は「10」を、「ラーン」は「1,000,000」を参照してください。

9桁の数字(一億)

一億の位の単位は「ローイ ラーン」で、「1桁の数字+100+1,000,000」の組み合わせで発音をします。

100,000,000 หนึ่งร้อยล้าน

ヌン ローイ ラーン Nwung Rooi Laan

「ヌン」は「」を、「ローイ」は「100」を、「ラーン」は「1,000,000」を参照してください。

小数点の数字

タイ語の小数点は「ジュッ」と発音をします。
お金の数え方でサタン以下の数字を読み上げるときにもこの小数点を使います。

0.5 ศูนย์จุดห้า

スーン ジュッ ハー Suun Jut Haa

「ジュッ」は息を吐かずに、唇を「う」の形ですぼめて発音します。最後は唇を横に引いて、息を止めて余韻で発音しましょう。

マイナスの数字

タイ語でマイナスは数字の前に「ロップ」をつけることで表現出来ます。

-21 ลบยี่สิบเอ็ด

ロップ イー シップ エッ  Lop Yii Ship Et

「ロップ」は高めの声から始めて、軽く語尾を上げながら発音してください。最後の「プ」は口を閉じて余韻で発音しましょう。

JIROKO

バンコクの不動産賃貸を取り扱う『alphabet home』のアフターケア担当。JICAボランティアを皮切りに、タイ生活は12年目に突入。バンコクの生活で困ったことや役に立つ情報、面白いことをご紹介していきます。

よく読まれている記事