バンコクのダメージ費用実録 【2021】

  1. 生活情報
  2. 122 view

【この記事はタイローカルに詳しい不動産屋さんの『JIROKO』が書いています】

バンコクの物件を退去するときに高確率で発生するのがダメージ費用(原状回復費用)です。
alphabet homeではオリジナルのダメージ費用補償サービスを提供していまして、これがかなり大好評だったりします。
成約金額の10%を上限にalphabet homeが支払いをするので、保険会社を通すこともなく、保険会社の審査も必要ありません。

この記事では2021年に実際に発生したリアルなダメージ事情をお伝えしています。

ケース① プロンポンのアパート

スクンビット39通りにある巨大ご家族向けアパートでダメージの指摘を受けました。

メイド部屋の便器にヒビが入っていたことで、ダメージになってしまいました。
お客様からは普段メイド部屋の使用は全くないと伺いましたが、使用の有無に関係なく入居時の状態でお部屋を明け渡すことが重要です。
仮に普段から使用をしていない場合でも、お部屋を綺麗な状態で維持・返却出来なければダメージになるでしょう。

幸いにも弊社の保険の上限を超えることなく、お客様の負担はゼロとなりました。
今回の便器はメイド部屋のものでかなり安いですが、便器の破損は高級物件だと万を超える請求になりますので注意です。

ダメージ費用の内訳
● メイド部屋の便器の交換費用 3,000バーツ
● alphabet homeのダメージ費用補償 -3,000バーツ

お客様の支払い 0バーツ

ケース② プロンポンのコンドミニアム

スクンビット39通りの特定の高級コンドミニアムでは同じ内容のダメージの指摘を度々受けています。

浴室の壁(石材)が変色してしまい、研磨&塗装の修理を請求されたケースです。
入居当初から一部が変色していましたが、お客様の入居中に変色度合いがかなり強くなってしまい、請求を免除してもらうことが出来ませんでした。
最初からついていたダメージであったとしても、その状態からダメージを更に与えた場合は請求を受けることがあります。

The XXXIX by Sansiri と The Diplomat 39 は基本的に全室浴室の壁が石材で施工されています。
弊社のお客様もかなりの高確率でダメージの指摘を受けていますので、浴室が石材で出来ている場合は請求のリスクを覚悟しましょう。

ダメージ費用の内訳
● 浴室の壁(石材)の修理費用 10,000バーツ
● 室内清掃費用 1,800バーツ
● オーナーのディスカウント -5,000バーツ
● alphabet homeのダメージ費用補償 -5,000バーツ

お客様の支払い 1,800バーツ

ケース③ トンローのサービスアパート

フジスーパー3号店近くの特定のサービスアパートではダメージの指摘基準が大変厳しい物件があります。
1ベッドルームはほぼ問題ありませんが、2ベッドルームを選択される場合はある程度のダメージ費用を覚悟してください。

一般的に、築浅のサービスアパートはアパートやコンドミニアムと比べてダメージの基準がかなり優しめに設定されています。
しかし、このサービスアパートはダメージの基準が厳しく、他のサービスアパートでは指摘を受けないようなダメージで指摘を受ける物件です。
※ここで説明しているサービスアパートはホテル運営をしていないタイプの物件を指します。ホテル運営をしているタイプのサービスアパートではほぼほぼダメージは発生しません(ただし、備品の紛失を除く)。

中でもベッド台を移動させなければ見えないような幅木の破損を指摘されたことは特に衝撃的でした。
わざわざベッド台を動かして、ベッド台で隠れていた床や壁、幅木を確認するような物件は他では見たことがありません。

ハンガーの小さな傷や軽微な汚れでカーテンのクリーニング費用を請求するようなことも他のサービスアパートではあり得ません。
弊社の複数のお客様から話を聞く限りでは、同じ物件内の他のお部屋もダメージの内容に不満を感じる方が多かったようです。

オーナーの奥様がダメージ確認を一任されていますが、弊社からは基準がおかしいとクレームを申し入れしています。
来年以降のご退去ではサービスアパートのスタンダードの基準に近づいていることを願うばかりです。

ダメージ費用の内訳
● 壁紙の交換費用 3,451バーツ
● 幅木の修理費用 1,000バーツ
● ソファーカバーの交換費用 3,000バーツ
● ハンガー(1本)の交換費用 80バーツ
● カーテンのクリーニング費用 1,500バーツ
● alphabet homeのダメージ費用補償 -8,031バーツ

お客様の支払い 1,000バーツ

ケース④ プラカノンのコンドミニアム

コンドミニアムならではの高額なダメージ費用請求を受けたのがこちらのケースでした。
分譲時点ではほぼ同じ内装のお部屋ですが、そこからオシャレな内装にアレンジすることで、アレンジした箇所を破損するとダメージ費用が高額になる可能性があるのです。

他の箇所の指摘も受けましたが、費用が高額なため電熱線コンロのカバー交換とテレビ台の交換以外の請求を免除してもらいました。

電熱線コンロはサビがこびりついていて、メイドさんのお掃除では落ちなかったので、コンロのカバー交換になりました。
残念ながら4口のコンロでしたので、2口のコンロの倍ほどの金額になってしまいます。

今回非常に不幸だったのはテレビ台が石材だったことでしょう。
石材に大きな亀裂が入ってしまっていたので、即交換の対象になりました。
これが木材であれば修理の対応が出来たはずですが、石材は亀裂が入ると交換しか出来ません。

幸いにもオーナーがすごく優しかったことが救いではありますが、コンドミニアムでは高額になりがちな家具・家電を傷つけると手痛いダメージ費用になってしまいます。

ダメージ費用の内訳
● 電熱コンロのカバーの交換費用 14,450バーツ
● テレビ台(石材)の交換費用 26,020バーツ
● 室内清掃費用 1,000バーツ
● 主寝室のベッド枠の傷 請求なし
● 主寝室のベッド上のヘッドボードの剥がれ 請求なし
● 第二寝室の鏡の傷 請求なし
● オーナーのディスカウント - 15,470バーツ
● alphabet homeのダメージ費用補償 -5,500バーツ

お客様の支払い 20,500バーツ

ケース⑤ プロンポンのアパート

プロンポンのエンポリアム近くのアパートで電気コンロのカバー交換の指摘を受けました。

電気コンロのカバー表面は綺麗な状態でしたが、カバーにヒビが入って段差が出来ている箇所がありました。
多くのお客様の場合はカバーの汚れが落ちずに指摘を受けることがほとんどですが、今回のようにヒビやガラスの欠損で指摘を受けるケースも少数ながら存在しています。
ヒビやガラスの欠損の多くは、重たい調理器具等をカバーの上に落としてしまうことで発生しているようです。

コンロのカバーに破損がある場合は問答無用で一発で交換の対象になります。

弊社保険とアパートのディスカウントで半額以下になりましたが、4口のコンロは2口に比べて費用が高いので注意してください。

ダメージ費用の内訳
● 電気コンロのカバーの交換費用 18,400バーツ
● アパートのディスカウント -2,685バーツ
● alphabet homeのダメージ費用補償 -7,200バーツ

お客様の支払い 8,515バーツ

alphabet homeではオリジナルサービスとしてダメージ費用の補償をご提供しています。
詳しいサービスの内容は下記をご確認ください。
https://alphabet-home.com/about-alphabet/benefits/#damage

JIROKO

バンコクの不動産賃貸を取り扱う『alphabet home』のアフターケア担当。JICAボランティアを皮切りに、タイ生活は11年目に突入。バンコクの生活で困ったことや役に立つ情報、面白いことをご紹介していきます。

記事一覧