タイのニュースサイトまとめ

  1. 生活情報
  2. 10209 view

【この記事はタイローカルに詳しい不動産屋さんの『JIROKO』が書いています】
※記事は2021年3月14日に更新されました。一番初めの投稿は2020年4月13日でした。

タイでは日系の会社が数多くのニュースサイトを提供しています。
日本人である私たちはもちろん日本のニュースを読みますが、タイで生活をしている以上はタイのニュースも把握しておくに越したことはありません。
タイでオススメのニュースサイトをはじめ、おもしろい角度から攻めているニュースサイトや有名なタイ語&英語のニュースサイトまで幅広くご紹介しています。

タイランドハイパーリンクス

いろんな種類の最新のニュースを最も速く読むことが出来るニュースサイトです。
スピードと種類を求めるならば断然オススメで、政治・経済・事件・社会の他にグルメや観光、エンタメまで幅広く取り扱っています。
ちょっと誤字や脱字が多いのがたまに気になりますし、仕方ないことだとは思いますが広告が少し邪魔なことがあります。

newsclip(ニュースクリップ)

以前は比較的スピーディーなニュースサイトでしたが、最近は夜間のみ更新されるサイトになってしまいました。
政治・経済・事件・社会の記事が多いのですが、土日はよほどの出来事がない限りはニュースがアップされないのは残念なポイントです。
たまにこの特集要らないのでは・・・?というコーナーもありますが、私が長年にわたって毎朝チェックしているサイトです。

バンコク週報

政治・経済・事件・社会を取り扱っているニュースサイトです。
土日は基本的にあまり更新はされず、平日も何かのタイミングでまとまって記事が更新されています。
記事の種類のバランスは悪くないので、他のニュースサイトと組み合わせて読むのもアリです。

WIZE(ワイズ)

ワイズと言えば紙面の媒体が有名かもしれませんが、ネットニュースのサイトもやっています。
タイのローカルニュースを取り扱っていて、記事によっては深く掘り下げてくれることがあるので詳しい経緯や背景を知ることができます。
1日1〜2記事と数は少なめですが、たまに他のどのサイトよりも速くに役立つ記事の詳細をアップしていることがあります。

PJA NEWS

パタヤ日本人会の公式サイトがお届けしているニュースサイトです。
タイのパタヤ在住の日本人のためのサイトなので、当然ではありますがチョンブリやパタヤに関するニュースがメインになっています。
ニュースによってはかなり詳しく解説をしていますし、更新スピードも悪くありません。

DACO(ダコ)

フリーペーパーのほうが有名かもしれませんが、ウェブ上でも紙面の内容を楽しむことができます。
タイの様々なジャンルの特集を設けていますが、個人的な一押しは「ブンに訊け!」です。
タイ歴が長くなってもブンさんの知識量には到底敵いません。ブンさん大好きです。
あの痛快な切れ味ある裁き?に、これからもブンさんの活躍を期待しています。

ANNGLE(アングル)

独特の視点からタイの出来事を見ているサイトで、他のニュースサイトではお目にかかれないタイプの記事を見つけられます。
政治経済や社会性のあるニュースは取り扱いがありませんが、タイの面白い一面に出会えるかもしれません。
「一休さんの新右衛門さんのアゴ」に関する記事は秀逸でした。

タイあげニュース

独自視点の際立った記事が混ざっているニュースサイトです。
政治経済や社会性の高い記事はありませんが、タイローカルのマニアックな記事が目につきます。
タイの面白い出来事を求める方や普通のニュースに飽きてしまった方にオススメかもしれません。

Bangkok Times(バンコクタイムズ)

日本語ニュースサイトの最後にご紹介をするのは我が社が提供をしている生活ブログマガジンです。
バンコクの不動産仲介業者の視点から、バンコク駐在の皆さまに役に立つ物件情報や生活情報をお届けしています。

CH3 Thailand(チャンネル3)

タイ人の中でニュースサイトと言えばテレビでもお馴染みのチャンネル3が有名なようです。
タイ語では「チョン サーム」と言われています。
完全なタイ語100%なので、タイ語も読める人向けの玄人用ニュースサイト。
ただし、有名とは言っても愛読しているニュースサイトにはかなり個人差があるようで、我が社のタイ人もみんなバラバラな上に私はข่าวสด派です。

Bangkok Post(バンコクポスト)

有名な英語のタイのニュースサイトです。
タイ語のニュースはどうしてもタイ人が関心のある記事に集中しがちですが、Bangkok Postでは外国人に関係するニュースも大々的に扱われています。
以前話題に挙がったTM30のニュースもBangkok Postでは頻繁に取り上げられていました。

JIROKO

バンコクの不動産賃貸を取り扱う『alphabet home』のアフターケア担当。JICAボランティアを皮切りに、タイ生活は11年目に突入。バンコクの生活で困ったことや役に立つ情報、面白いことをご紹介していきます。

記事一覧