お部屋探しガイド(ご夫婦編)

異国の地でのお部屋探しは、色々とご不安なことも多いと思います。失敗しないお部屋探しのためのポイントを「ご夫婦」に特化してまとめましたので、是非ともご参考にされてください。

間取りについて

ご夫婦の多くは、2Bedroom(2LDK)70〜120sqm程度のお部屋にお住まいです。バンコクの1Bedroomは45〜65sqm程度と日本に比べ広めの造りですので、1Bedroomにお住まいのご夫婦も少なくはありませんが、収納スペースが少なくなりますので2Bedroomをご検討されるご夫婦が多くなります。もちろん1Bedroomは2Bedroomに比べお家賃が割安になりますので、サービスアパートをご希望される場合やグレードの高い物件をご希望されます場合などは、ご予算に応じて1Bedroomもご検討されると良いでしょう。

例)1Bedroom:63sqm

例)2Bedroom:95sqm

物件種別について

ご夫婦の場合は、ご希望される条件や生活スタイル、ご予算によって物件種別の選択も変わってきます。各物件種別の特徴をまとめましたのでご確認されてください。

コンドミニアム

メリット
割安感がある
駅近物件の選択肢が多い
高層階のお部屋の選択肢が多い
日本人以外の方も多い
デメリット
管理体制が不安
問題発生時の対応がオーナー次第
問題解決まで時間がかかる
公共料金の支払いが個別なので面倒
購入しなければならないものが多い
入居者に日本人家族が少ない
入居者に単身者が多い
電化製品の故障時にストックがない
基本的に網戸がない

アパート

メリット
管理体制に安心感がある
広めのお部屋が多い
電化製品の故障時にストックがある
日本人居住率が高い
デメリット
割高感がある
日本人家族が多い
駅近物件の選択肢が少ない

アパート型サービスアパート

メリット
管理体制に安心感がある
メイドサービスが家賃込み
公共料金が込みの物件が多い
リネン類、調理器具完備
電化製品の故障時にストックがある
日本人居住率が高い
デメリット
アパートに比べ割高感がある
入居者に単身者も多い
物件の選択肢が少ない

ホテル型サービスアパート

メリット
管理体制に最も安心感がある
レセプションが24時間
メイドサービスが家賃込み
公共料金が込みの物件が多い
リネン類、調理器具完備
問題があれば部屋を変えてくれる
電化製品の故障時にストックがある
有料で朝食、ルームサービスがある
デメリット
家賃が高い ※2Bedroomは非常に高い
窓の開閉ができないお部屋が多い
入居者に単身者が多い
旅行者も多く宿泊する

シーツやタオルなどのリネン類・調理器具が完備されていますので購入する必要がなく、管理体制が整っているサービスアパート(特にホテル型サービスアパート)がおすすめですがお家賃も高額になります。お友達を作りたいなどの理由で物件内に日本人ご家族が多いほうがお好みの場合は、日本人家族が多いアパートを選ばれるほうが良いでしょう。駅近・高層階・グレードが高い物件をお求めの場合は、コンドミニアムがご条件に合う物件の選択肢が多くなりますが管理面に不安がありますので、デメリットも良く理解してお部屋探しをされてください。

夫婦物件の家賃相場

コンドミニアム

1Bedroom 35,000〜60,000Baht
2Bedroom 45,000〜80,000Baht

アパート

1Bedroom 40,000〜60,000Baht
2Bedroom 55,000〜90,000Baht

アパート型サービスアパート

1Bedroom 50,000〜75,000Baht
2Bedroom 70,000〜90,000Baht

ホテル型サービスアパート

1Bedroom 65,000〜95,000Baht
2Bedroom 80,000〜120,000Baht

立地について

多くの日本人ご夫婦は、お買い物やお食事に便利な日本人エリア(アソーク〜エカマイ)にお住まいです。日本人エリアは、他のエリアに比べサービスアパート、アパート、コンドミニアムともに物件の選択肢も多くなります。また、奥様のお友達もできやすい環境になるメリットもあります。

エムクオーティエ(BTSプロンポン駅)

トンロー通り(スクンビット55通り)

ご主人様がシーロム/サトーン方面のオフィスへ通勤されておりアクセスを重視する場合や、日本人の方が少ないエリアに住みたいご夫婦は、日本人エリアから西のプルンチット/チットロムエリアに住まれる傾向にあります。こちらのエリアは駅前に高級デパートが多く、通りは落ち着いた住宅街のような雰囲気になり欧米人の方に人気のエリアです。ただし、日本人エリアと比べ日本食店やスーパーが少なく、お食事やお買い物が多少不便になりますのでメリット・デメリットを良く理解されてご検討ください。

セントラル エンバシー(BTSプルンチット駅)

ワイヤレス通り

最近では、日本人エリア東のプラカノンやオンヌットエリアに住まれるご夫婦も増えてきました。少し前まではローカルなイメージが強いエリアでしたが、駅前を中心に開発が進んでおり日本食店やスーパーも増えてきています。こちらのエリアは日本人エリアやプルンチット/シーロムエリアに比べお家賃に割安感があります。

関連記事

  1. お部屋探しガイド(ご家族編)

  2. お部屋探しガイド(ご単身編)

アクセスランキング

    成約特典

    お部屋探しのポイント

    バンコク エリアガイド

    地図から検索

    ABC検索

    お問い合わせ