バンコクの交通事情

BANGKOK TRANSPORTATION

バンコクの交通事情

日本人が頻繁に利用する、バンコクの主な交通手段をご紹介します。運行時間や運賃の他に危険な乗り物の注意点もご説明をしております。

BTS スカイトレイン

BTSは、運営会社「Bangkok Mass Transit System Public Company Limited.(バンコク大衆輸送システム社)」の頭文字を取ってBTSと呼ばれている高架式の電車です。スクンビットライン24駅、シーロムライン14駅の2路線があり現在も延伸中です。(2018年1月現在)2路線の乗り換えはサイアム駅になります。日本人エリアを含めバンコクの主要箇所を走っており、日本人の方に一番馴染みがある乗り物です。

運行時間
スクンビット線は、午前5時15分から午前1時頃まで運行。シーロム線は、午前5時30分から午前1時頃まで運行しています。平日・週末のダイヤがあり時間ごとに運行間隔が2分から8分と異なります。
運賃
最低運賃15バーツからです。(2018年1月現在)
頻繁に乗車する方はラビットカード(チャージ式カード)のご利用がお得です。ラビットカードは各駅の受付で購入・チャージが可能です。

MRT 地下鉄

MRTは、「Bangkok Metro Compoany Limited.」が運営しており、正式名称「Mass Rapid Trance」の頭文字を取ってMRTと呼ばれている地下鉄です。ブルーライン19駅とパープルライン16駅の2路線があり現在も延伸中です。(2018年1月現在)2路線はタオプーン駅で乗り換えが可能で、4つの駅でBTSとの乗り換えも可能です。新設されたパープルラインには、JR東日本グループの総合車両製作所が製造する車両が使用されています。

運行時間
午前6時から午前12時まで運行。ラッシュアワーの時間帯は約3分から5分間隔、それ以外の時間帯は約10分間隔で運行しています。
運賃
最低運賃16バーツからです。(2018年1月現在)
頻繁に乗車する方はStored Value Card(チャージ式カード)のご利用が便利です。

Airport Rail Link
エアポートリンク

エアポートリンクはタイ国鉄の傘下が運営しており、パヤタイとスワンナプーム空港までの8駅を結ぶ高速鉄道です。パヤタイ駅でBTSに乗り換え、マッカサン駅でMRTに乗り換えが可能です。日本人エリアに近い「マッカサン駅」から「スワンナプーム空港」まで約20分で行くことができますので渋滞の多いバンコクでは重宝します。しかもこの区間の運賃は35バーツとタクシーと比べてもお得です。

運行時間
午前6時から午前12時まで約15分間隔で運行しています。
運賃
最低運賃15バーツからです。(2018年1月現在)

Taxi タクシー

日本よりも料金が安いため日常のご利用に便利です。ただし、日本と違って乗車拒否が多く、渋滞する時間帯や雨天時はなかなか捕まりません。乗車する際は、事前に行き先を伝え運転手が目的地へ行くかの確認が必要になります。また、自動ドアではありませんのでご自身での開け閉めが必要となります。乗車時にメーターを押さないなどマナーの悪い運転手も多いため、乗車の際には十分注意が必要です。

運賃
初乗り料金は35バーツです。距離、時間から運賃を算出するメーター制になります。長距離の場合は要交渉となります。空港から乗る際には、メーター料金の他に空港使用料50バーツが追加されます。

Moter Bike バイクタクシー

バイクの後ろに乗るバイク版タクシーです。バンコクのあちこちに乗り場がありますので、乗り場で行き先を伝えてから乗車してください。渋滞の多いバンコクではポピュラーな移動手段になります。ただし、ヘルメットを被らずに乗車することが多く交通事故も多いため、乗車時には十分な注意が必要です。また、メーターなどはなく相手を見て料金を決める運転手も多いため、乗車前に料金を確認することをおすすめします。

運賃
小路の中の近距離は10バーツから乗車可能です。長距離は交渉制となり、タクシーよりも割高になることが多いためご注意ください。

Area Taxi シーロー

スクンビットの一部のエリアのみを走る簡易タクシーです。軽トラックの荷台が座席になっており乗り心地はあまり良くありませんが、日本人エリアのアパート名に詳しく、いつも同じ運転手が同じ場所を走っていますので奥様でも安心して利用できる乗り物です。各フジスーパー前・ソイ39・49・55の入り口などに待機います。スクンビット偶数側や離れた場所は行ってくれないこともありますので、乗車前に確認されてください。

運行時間
およそ午前7時から18時ごろまで待機しています。
運賃
料金は距離により異なりますが約30バーツからです。

Thonglor Bus
赤バス(トンロー巡回バス)

トンロー通り(北側のセンセープ運河から、スクンビット通りBTSトンロー駅までの間)を巡回している赤色のバスです。エアコンはついていませんが、天井に扇風機があります。トンロー通りで走行中のバスに手を挙げてどこでも乗車可能です。乗車すると車掌が集金に来ますので運賃をお支払いください。(料金は距離や時間に関係なく固定料金です)降りたい場所でブザーを鳴らすことでどこでも降車が可能です。

運行時間
午前6時頃から午後10時頃まで運行しています。
運賃
大人7バーツ、子ども5バーツの固定料金です。

 

アクセスランキング

    成約特典

    お部屋探しのポイント

    バンコク エリアガイド

    地図から検索

    ABC検索

    お問い合わせ