タイ・バンコクの新型コロナウイルス(COVID-19)情報

  1. 生活情報
  2. 8431 view

タイ・バンコクにお住まいの日本人の方に向けて、新型コロナウイルスの最新情報を抜粋してご提供しています。当サイトの情報につきましては、できる限り正確な情報をご提供できますよう注意しておりますが、政府発表が急に変更になること、政府発表の解釈が難しいことなどの理由で当サイトの情報が実際の情報と異なっている可能性もございますので、予めご了承いただき閲覧いただけますようお願いいたします。

 タイの新型コロナウイルス感染者
情報更新日:2020年7月31日

タイ 新型コロナウイルス感染者数

感染者数合計 3,310名
新規感染者数 6名
回復者数合計 3,125名
死亡者数合計 58名
検査人数合計 717,814名

*3月15日より4月10日まで、1日あたり平均で100名程度の新規感染者が報告されていましたが、4月10日以降は新規感染者数が大幅な減少傾向にあり回復者数も大幅に増加しています。また、5月26日以降は67日連続で、帰国者以外(国内滞在)の新規感染者の報告はありません。

主なバンコク日本人居住区感染者情報

・4月1日以降、日本人居住区での新規感染者の報告はありませんが、7月11日に隔離を免除され感染確認されたスーダン人の少女が「CONDO ONE X 26」に滞在していました。幸いCONDO ONE Xでのクラスターなど感染拡大はありませんでした。
【3月29日】MRTペッブリー駅近くのコンドミニアム「Villa Asoke」で感染者が確認されました。
【3月26日】プルンチットエリアのオフィスビル「トンソン タワー」で感染者が確認されました。
【3月25日】プルンチットエリアのオフィスビル「パークベンチャー」で感染者が確認されました。
【3月25日】アソーク駅近くのオフィスビル「エクスチェンジ タワー」で感染者が確認されました。
【3月25日】スクンビット15通りのコンドミニアム「15 Residence」で感染者が確認されました。
【3月24日】MRTラマ9駅近くのオフィスビル「The Nine」で感染者が確認されました。
【3月20日】プラカノンエリアの「The Hive」で感染者が確認されました。
【3月19日】MRTペッブリー駅近くのオフィスビル「シンハ コンプレックス」で感染者が確認されました。
【3月18日】トンローの娯楽施設で4人の感染者が確認されました。
【3月18日】チットロム駅近くの「BASE Amarin」で感染者が確認されました。
【3月18日】ラチャダムリ通りの「Chulalongkorn Hospital」で感染者が確認されました。
【3月13日】BTSアソーク駅近くの「コラム タワー」で感染者が確認されました。
【3月12日】サトーン通りの「セーントーンタニタワー」で感染者が確認されました。
【3月12日】チョンノンシー駅近くの「King Power Mahanakorn」で感染者が確認されました。
【3月10日】トンローエリアのパブで感染者が確認されました。
【3月10日】ルアムルディー通りの「オールシーズンビル」で感染者が確認されました。

 タイ入国に関するルール
情報更新日:2020年7月2日

3月26日に発表された「タイ王国への越境入国規の閉鎖」は無効となり、7月2日より下記に該当する方は、14日間の自己負担での隔離を条件にタイへの入国が可能になると発表がありました。

・WPを保有する外国籍の方もしくはその家族
・外国籍で永住権がある方
・外国籍の夫婦でタイ国籍の子供がいる方、タイ国籍の方と結婚した方及びその子供
・医療をタイで受けるなどタイに入国する特別な理由がある方及び付き添いの方(ただし新型コロナウイルスの治療は受け入れ不可)
・留学生及びその付き添いの方
・国家間の特別な取り決めがある国(日本・韓国・シンガポール・中国・香港)の国籍の方(ただし観光は不可)

*ただし、7月2日現在、入国可能な条件に関しての詳細は不明で、WPを保持していない日本人が7月より入国可能か否かは未だ不明な状況です。

タイ入国前の措置

1、感染リスクがある場所及び人が集まる場所を14日間以上避ける。
2、下記の書類を準備する。
・入国可能であることを示す証明書 (certificate of entry, COE)
・渡航者が渡航にふさわしい健康状態であることを示 す医師による証明書 (Fit to Fly Health Certificate/Fit to Travel Health Certificate)
・渡航の72時間以内に RT-PCR 検査を行った上で発行された,渡航者が新型コロナウイルスに感染していないことを示す医師による証明書(Medical certificate with a laboratory result indicating that COVID – 19 is not detected)
・渡航者が王国に滞在する間,新型コロナウイルス感 染症の治療費を含む医療費をカバーできる上限金額10万ドル以上の保険もしくはその他の証明
・渡航者の宿泊先の証明書及び居場所を特定できる明確な渡航計画
3、渡航前,出発国の出入国審査場において渡航者の呼 吸器症状の検査及び検温を行う。(Exit screening)

タイ入国後

1.王国に入国する際、出入国審査場において呼吸器症状の検査及び検温を行う。(Entry screening)
2.出入国審査場において感染予防担当者に書類を提出する。
3.隔離中の症状について経過観察を行うため、政府が課した追跡システムもしくはアプリケーションを使用する。
4.14日間以上の間、感染予防担当者が設定した施設において隔離を行い、職員の指示に従って行動する。なお、その施設は政府が設定する基準及びガイドラインに従うものでなければならない。
5.RT-PCR 法によって新型コロナウイルスの検査を2度行う。1度目は隔離期間の3日目から5日目の期間に,2度目は11日目から13日目の期間に行う。

 タイ政府発表の予防策
情報更新日:2020年7月31日

主なニュース

・8月末まで非常事態宣言が継続中。
・7月1日より延期されていた学校の新学期がスタートしました。
・5月3日より販売店お酒の販売が再開。
・6月15日より外出禁止令を解除。
・BTS及びMRT乗車の際は要マスクの着用。
・県境に警察による検問(県跨ぎの移動は基本的に可能)。
・ソンクランが7月27日に振替(7月25から28日まで4連休)。

規制緩和で営業が許可された主な施設

・飲食店(店舗でのお酒の提供も可)
・商業施設
・教育施設
・エステ、理髪店、美容室(要予約のみ)
・健康ランド、スパ、タイマッサージ店
・ゴルフ場及びゴルフ練習場
・小売店、卸売店、市場店、水上マーケット
・フィットンス、ヨガ(ただし有酸素運動は禁止)
・屋外プール
・スポーツ協議場、運動場(ただし試合は禁止)
・博物館及び類似する施設
・スケートボード場及び類似する施設
・遊園地、ボーリング場、ゲームセンター
・映画館、劇場
・ボクシング場及びボクシングスクール
・学習塾

7月1日より営業を許可された施設

・パブ、バー、カラオケなどエンターテイメント施設
・マッサージパーラー及び類似する施設

*タイでは全ての業種が営業可能となりましたが、業種により細かい規則や入場制限がありますのでご注意ください。

 バンコク市内の様子
情報更新日:2020年7月31日

外国人観光客

バンコクでは、観光客の方を見かけることはありません。バンコクの主要ホテルは、通常時の10〜20%程度しかお部屋が稼働していないようで、一時的閉鎖しているホテルも多数あります。

バンコクの交通機関

BTS・MRTは通常運行していますが、BTS・MRTは要マスク着用になりますのでご注意ください。タクシーやバイクタクシーも通常通り営業しています。4月は非常事態宣言の影響で、BTS・MRTは乗車率が低く車の交通量もかなり少ない状態でしたが、5月以降、特に7月からは規制緩和を受け街に人が戻ってきている印象です。バンコク市内中心部ではコロナ以前のように渋滞が酷い状況です。

お買い物・お食事

非常事態宣言後もスーパーなどで、食料品や被治用品が品薄になることもありませんでした。6月以降は、マスクやアルコールジェルも問題なく購入することが可能で日常生活に困ることは全くありません。7月以降は飲食店にも人が戻ってきています。ただ、居酒屋などお酒を扱うお店の人入りはコロナ以前と比べるとまだ少ない印象です。

タイ人の反応

感染者の減少により新型コロナウイルスに対する警戒感が薄れてきている印象ですが、商業施設やコンビニなどほとんどのお店へ入店時には体温検査とマスク着用が義務付けられているため、ほとんどの方がマスクを着用しています。タイ国外から入国される方に14日間の隔離が義務付けられているため外国人を警戒することもなくなってきている印象です。勿論、外国人に対する差別や嫌がらせもありません。

 新型コロナウイルス 情報サイト

在タイ日本国大使館 (日本語版)

タイ日本大使館のウェブサイトです。新型コロナ関係の情報も随時更新されています。
在タイ日本国大使館(日本語版)ウェブサイトはこちらから

Covid Tracker 5Lab (日本語版)

タイ・バンコクの最新のコロナウイルス情報(感染者発生地情報や病院情報・店舗の消毒情報など)が確認サイトです。
Covid Tracker 5lLab(日本語版)ウェブサイトはこちらから

News Clip.be(日本語)

新型コロナウイルス情報を始めタイの経済・社会・政治ニュースを確認サイトです。
New Clip.be(日本語)ウェブサイトはこちらから

WORLDOMETER(英語版)

世界各国の感染・死亡・回復者数や増加数などを表やグラフで確認することができるサイトです。
WORLDOMETER(新型コロナウイルス情報)ウェブサイトはこちらから

Novel coronavirus (COVID-19) Situation(英語版)

世界各国の感染・死亡者数を世界地図で確認することができるサイトです。
Novel coronavirus (COVID-19) Situation ウェブサイトはこちらから

WORKPOINT NEWS

タイ・世界の新型コロナウイルスの情報を確認できるサイトです。
WORKPOINT NEWS(タイ語)ウェブサイトはこちらから

 日本語対応病院での検査及び治療

情報更新日:2020年5月15日

日本語対応可能な検査病院

病院名 サミティベート病院
住所 133 Sukhumvit 49, Klongtan Nua,Vadhana, Bangkok 10110
検査費用 4,500 〜 7,500バーツ

サミティベート病院の治療費目安

・酸素吸入を使用しない軽症の場合(入院14日間):20〜40万バーツ
・肺炎などリスクが高い症状の場合(入院14日間):90〜100万バーツ
・人工呼吸器を使用する重症の場合(入院30日間):200〜400万バーツ
・人工心肺器を使用する重症の場合(入院30日間):400万バーツ〜
*サミティベート病院は病床に十分な飽きがあるそうです。症状によって、アビガンやシクレソニドなどの薬剤投与も可能とのことです。【4月24日時点】

詳しくはサミティベート病院ウェブサイトでご確認ください。
https://www.samitivejhospitals.com/jp/

 バンコクの新型コロナウイルス検査病院一覧

情報更新日:2020年3月19日

バンコクでは、下記の病院にて新型コロナウイルスの症状がある方、症状がない元気な方も新型コロナウイルスの検査が可能です。検査を希望される場合、今のところ症状の有無に関わらず事前の連絡は義務付けていませんので、マスク着用のうえ、下記の病院へ直接お伺いください。
*症状がある場合は、病院内ですぐに隔離され、防護服を着たスタッフが検査されるそうです。
【3月22日】検査キッドが不足してきており、検査対応できない病院も出てきています。検査をご希望される方は事前に病院へ検査可能か確認されてることをおすすめいたします。

病院名 Chulalongkorn Hospital
住所 1873 Rama 4 Road, Pathumwan, Bangkok
検査費用 3,000 〜 6,000バーツ
病院名 Rajavithi Hospital
住所 2 Phayathai Road, Ratchathewi District, Bangkok
検査費用 3,000 〜 6,000バーツ
病院名 Ramathibodi Hospital
住所 270 Rama VI Road, Ratchatewi, Bangkok
検査費用 5,000バーツ 〜
病院名 Vichaiyut Hospital
住所 53 Setsiri Road, Phyathai, Bangkok
検査費用 約7,500バーツ
病院名 Bang Pakok Hospital 9 International
住所 943 Phaholyothin Road, Phyathai, Phyathai, Bangkok
検査費用 7,900 〜 10,000バーツ
病院名 Phayathai Hospital 2
住所 943 Phaholyothin Road, Phyathai, Phyathai, Bangkok
検査費用 約6,100バーツ
病院名 Phayathai Hospital 3
住所 11 Phet Kasem Rd, Bang Duan, Khet Phasi Charoen, Bangkok
検査費用 約6,100バーツ
病院名 Pat Rangsit Hospital
住所 733/345, 733/359 Moo 8 Phaholyothin Road, Khukhot, Lamlukka , Pathumthani
検査費用 約8,000バーツ
病院名 Siriraj Piyamaharajkarun Hospital
住所 2 Wangrang Road Siriraj Sub-area Bangkoknoi Area Bangkok
検査費用 約9,900バーツ
病院名 Bamrasnaradura Infectious Diseases Institute
住所 38 Moo. 4, Tiwanon Road, Talatkwan,  Mueang, Nonthaburi
検査費用 約8,000 〜 14,000バーツ
病院名 Bangkok Christian Hospital
住所 124, Silom Rd., Si Lom, Bang Rak, Bangkok
検査費用 約5,000 〜 10,000バーツ
病院名 Rama 9 Hospital
住所 99 Soi Praram 9 Hospital, Rama IX road, Huaykwang, Bangkok
検査費用 約8,000 〜 10,000バーツ
病院名 Paolo Memorial Hospital
住所 670/1 Phahonyothin, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok
検査費用 5,000バーツ〜
病院名 Paolo Memorial Hospital Chokchai 4
住所 1 Chok Chai 4 Road, Ladprao, Bangkok
検査費用 5,000バーツ〜
病院名 Paolo Memorial Hospital, Samut Prakan
住所 123 Moo. 8, Srinakarin Road, Bang Mueang, Samut Prakan
検査費用 5,000バーツ〜
病院名 Paolo Memorial Rangsit Hospital
住所 11, 1 Rangsit-Nakhon Nayok Road, Prachathipat, Thanyaburi, Pathum Thani
検査費用 5,000バーツ〜
病院名 Paolo Memorial Kaset Hospital
住所 2012/5-6 Phaholyothin Road, Sena Nikhom, Chatuchak, Bangkok
検査費用 5,000バーツ〜
病院名 Paolo Memorial Phra Pradaeng Hospital
住所 288 Moo. 1, Suksawat Road, Pak Khlong Bang Pla Kot, Phra Samut Chedi, Samut Prakan
検査費用 5,000バーツ〜

タイ在住日本人の方のご健康を祈念しております。くれぐれもご自愛くださいませ。アルファベットホーム一同

BANGKOK-TIMES

バンコク不動産歴11年の経験から、バンコクの不動産情報を中心にバンコク生活が豊かになる情報をお届けします!

記事一覧